明日は君とどこ行こう

40歳で妊娠・出産。分からないことばかりだけど、今しかない貴重な時間を楽しみたい!

散歩

東海道53次ウォーク がんばってる戸塚

3日目をむかえました、東海道53次ウォーク。東戸塚から出発です^^

6月なので暑くなってきましたが、風が気持ちいいです。

2016-06-12-09-44-52


東戸塚駅から、戸塚駅に向かって歩いていると、二度見してしまうデザインの自販機が!

2016-06-12-10-10-14

「東海道五十三次」とは!すごい!と写真を撮りましたが、後からせっかくだからお水でも買ってあげれば良かったと後悔。せっかくこんなにアピールしているのに。。。!

2016-06-12-10-21-49

そしてこんな看板も。史蹟保存会!戸塚がんばってる!

史蹟はあまりないけど、保存しようとする姿勢が素晴らしい><

たとえば、ダイソーの入っているビルに、こんな看板。

2016-06-12-10-32-35

昔ここに、戸塚宿の「江戸方見付」があったんだよ~の看板。

2016-06-12-10-32-45

今はないけど、昔に思いを馳せることができて、53次ウォークが楽しいものに。戸塚に感謝。。。!

戸塚からは、1号線を藤沢に向かって歩いていきますが、大船に向かって伸びている東海道本線のだいぶ内側を歩くので、車道も片側1車線で、のんびりとした田舎道を歩くことができ、今までで一番楽しい道でした♪

藤沢近くになると2車線に。そして歩道がなくなる(笑)

image

そして、藤沢駅に到着。Kちゃんとお昼を食べながら、戸塚について話し合いました。

私「戸塚、がんばってたね。でもレキ指数的にはどうかな・・・?」

Kちゃん「う~ん。でも、高くはないよね。。」


残念ながら、実際に史蹟が残っていないので、レキ指数は高くないのですが、とってもがんばっている戸塚が好きです。


つづく。。








人気ブログランキングへ

東海道53次ウォーク 藤沢まさかの道がない?!

さてさて、辻堂を過ぎてひたすら歩いていると、だんだんあたりも薄暗くなってきました。

「藤沢IC」付近で、これまで歩いて来た比較的細い道と、巨大な44号線が合流する地点があります。

まず、ここが曲者でした。

大きい道のほうへ行こうと渡ったのですが、歩道がありません。

しかたなく、草むらのようになっている分離帯をかき分け、しばらく並走する細い道に戻ってきました。

そしてまっすぐ歩いてみます。まさか歩道ではなく、草むらをかき分けることになるとは!

そしてすぐ44号線と1号線が合流し、大きな道になりました。

大きなトラックがたくさん、車道を走っていきます。

すると、突然、私たちの歩いていた歩道が途中まででなくなり、ガードレールだけになってしまいました。

反対側にも歩道がありません。

Kちゃんがまた、草むらのような道をかき分け、様子を見に行ってくれましたが。。

やはりこれ以上、1号線を歩いて行くのは無理そうです。(T_T)

悲しくて、地図を写メしました。↓ このあたり、歩道がありません。。




しかたなく、1号線はあきらめて、藤沢駅を目指して歩くことにしました。

Kちゃんと、「道があるってすばらしい。。」と言いながら、駅に向かいました。

後日、藤沢側から1号線を眺めてみると、こんな感じです。


image


もはや、1号線に「歩道」を確保しようという気がないのが分かります。

これでは、東海道53次を歩いてみよう!という若者が現れなくなってしまいます。

国も、レキ指数が高い県には助成金をあげて欲しいと思います。

ただ車が通る大きな道だけを重視していては、本当にあじけない景色になってしまうと思いませんか…?




次回、3日目は東戸塚~平塚までを歩きました♪

つづく。。








人気ブログランキングへ

東海道53次ウォーク 鶴見の「岸谷の湧水」

さて、前回桜田門から「京まで出発~!」と小雨の中スタートした私とKちゃん。
霞が関の官庁通りを抜けて、左手には東京タワー。ひたすら南へ歩いていきます。

山手線沿いに歩くわけではないので、人も少ないし、大学など新鮮な景色が広がります。
慶応、明治学院、そして戸越銀座を過ぎて、お昼にそばを食べ、また歩きます。

1日目は戸塚を目標にしていましたが、このあたりで横浜に変更です(笑)

そして、5時間ほど歩いて、ついに多摩川が見えてきました!

IMG_5082

hashi

結構疲れたので、ちょっとひと眠りしよう~と、河川敷で仮眠。次回はレジャーシートを持って来よう。

そして、横浜を目指して再び歩を進めましたが、ここまで、何かが足りません。そう、私たちがこの東海道53次をする目的、「レキシ」が足りません>< 東京の1号線には、もう「レキシ」はほとんど残っていないようです(探せばありそうです)。

しかし、鶴見周辺を歩いていたとき、突然不思議なものが目に入りました。

湧水
。。国道1号線に湧水です。自転車で汲みに来ているおじさんもいます。

何やら看板があります。

看板

ちょうど歩いた日が熊本地震の1週間後。「災害時に利用できるように残されてきた」の言葉に重みを感じます。

地震が来れば、水道施設がストップし、断水することもあります。今回熊本では、湧水があったおかげで断水中も水を使用できたところが多くあったようです。東京も何か考えなければ。。

もうほとんどのレキシは1号線からなくなっていましたが、逆にこの湧水が残されているというのは驚きです。それだけ必要とされて残ったんだな~。


さあ、あと5kmほどで横浜に着きます!

つづく。。





人気ブログランキングへ
プロフィール

しず

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んだのをきっかけに歴女の道へ。

現代は鎖国してないから外国の友達を作ろう!と思い、韓国人の同い年の友達を作る。ソウルに遊びに行って住んでみたくなり短期留学。

帰ってきて韓国の家族経営の会社に就職するも1年ちょっとで退社。

方向性を見失いなんとなくブログを書き始める。

好きな音楽は「レキシ」。