さてさて、辻堂を過ぎてひたすら歩いていると、だんだんあたりも薄暗くなってきました。

「藤沢IC」付近で、これまで歩いて来た比較的細い道と、巨大な44号線が合流する地点があります。

まず、ここが曲者でした。

大きい道のほうへ行こうと渡ったのですが、歩道がありません。

しかたなく、草むらのようになっている分離帯をかき分け、しばらく並走する細い道に戻ってきました。

そしてまっすぐ歩いてみます。まさか歩道ではなく、草むらをかき分けることになるとは!

そしてすぐ44号線と1号線が合流し、大きな道になりました。

大きなトラックがたくさん、車道を走っていきます。

すると、突然、私たちの歩いていた歩道が途中まででなくなり、ガードレールだけになってしまいました。

反対側にも歩道がありません。

Kちゃんがまた、草むらのような道をかき分け、様子を見に行ってくれましたが。。

やはりこれ以上、1号線を歩いて行くのは無理そうです。(T_T)

悲しくて、地図を写メしました。↓ このあたり、歩道がありません。。




しかたなく、1号線はあきらめて、藤沢駅を目指して歩くことにしました。

Kちゃんと、「道があるってすばらしい。。」と言いながら、駅に向かいました。

後日、藤沢側から1号線を眺めてみると、こんな感じです。


image


もはや、1号線に「歩道」を確保しようという気がないのが分かります。

これでは、東海道53次を歩いてみよう!という若者が現れなくなってしまいます。

国も、レキ指数が高い県には助成金をあげて欲しいと思います。

ただ車が通る大きな道だけを重視していては、本当にあじけない景色になってしまうと思いませんか…?




次回、3日目は東戸塚~平塚までを歩きました♪

つづく。。








人気ブログランキングへ