明日は君とどこ行こう

40歳で妊娠・出産。分からないことばかりだけど、今しかない貴重な時間を楽しみたい!

2016年06月

東海道53次ウォーク 藤沢まさかの道がない?!

さてさて、辻堂を過ぎてひたすら歩いていると、だんだんあたりも薄暗くなってきました。

「藤沢IC」付近で、これまで歩いて来た比較的細い道と、巨大な44号線が合流する地点があります。

まず、ここが曲者でした。

大きい道のほうへ行こうと渡ったのですが、歩道がありません。

しかたなく、草むらのようになっている分離帯をかき分け、しばらく並走する細い道に戻ってきました。

そしてまっすぐ歩いてみます。まさか歩道ではなく、草むらをかき分けることになるとは!

そしてすぐ44号線と1号線が合流し、大きな道になりました。

大きなトラックがたくさん、車道を走っていきます。

すると、突然、私たちの歩いていた歩道が途中まででなくなり、ガードレールだけになってしまいました。

反対側にも歩道がありません。

Kちゃんがまた、草むらのような道をかき分け、様子を見に行ってくれましたが。。

やはりこれ以上、1号線を歩いて行くのは無理そうです。(T_T)

悲しくて、地図を写メしました。↓ このあたり、歩道がありません。。




しかたなく、1号線はあきらめて、藤沢駅を目指して歩くことにしました。

Kちゃんと、「道があるってすばらしい。。」と言いながら、駅に向かいました。

後日、藤沢側から1号線を眺めてみると、こんな感じです。


image


もはや、1号線に「歩道」を確保しようという気がないのが分かります。

これでは、東海道53次を歩いてみよう!という若者が現れなくなってしまいます。

国も、レキ指数が高い県には助成金をあげて欲しいと思います。

ただ車が通る大きな道だけを重視していては、本当にあじけない景色になってしまうと思いませんか…?




次回、3日目は東戸塚~平塚までを歩きました♪

つづく。。








人気ブログランキングへ

東海道53次ウォーク 茅ヶ崎の一里塚が素敵

さて、前回東戸塚駅から茅ヶ崎のBBQへ行こうとして人身事故のため1時間待ちだった私とKちゃん。

楽しいBBQが終わって、都内に帰ろうと思いましたがまだ余力があり、この旅に『逆走(歩)あり』というルールが加わりました。

だんだん都内から離れてくると、再度スタート地点まで来るのにも時間とお金がかかります。

ここは無理をしないためにも、今回は「茅ヶ崎」~「藤沢」までの距離を稼ぎます。

「茅ヶ崎駅」の北口を出て、1号線を歩き始めると、何やら歴史の香りがしてきます。


image

「一里塚」です^^ 東海道の距離の目印として、一里(約4km)ごとに作られた塚です。

image

交差点にも「一里塚」という名前が残っていました。

そして、しばらく松並木が続き、ところどころに東海道を説明した看板も!

茅ヶ崎、何気にレキ指数高いです。

レキ指数が高いと、その街が本当に好きになるから不思議です♡

「一里塚」は、日本橋~平塚までの中でも、あまり残っていないのです。

藤沢の「一里塚跡」は以下のように崩壊しています(T_T)ああ~


image

どれだけ、茅ヶ崎のレキ指数が高いかが分かります。

そして、うきうき気分で辻堂を超え、歩いていくと、だんだん夜も更けてきました。

早く藤沢までたどり着かなければ。。

そんな私たちに、今イベント最大の危機が襲いかかります!


つづく。。






人気ブログランキングへ
プロフィール

しず

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んだのをきっかけに歴女の道へ。

現代は鎖国してないから外国の友達を作ろう!と思い、韓国人の同い年の友達を作る。ソウルに遊びに行って住んでみたくなり短期留学。

帰ってきて韓国の家族経営の会社に就職するも1年ちょっとで退社。

方向性を見失いなんとなくブログを書き始める。

好きな音楽は「レキシ」。