明日は君とどこ行こう

40歳で妊娠・出産。分からないことばかりだけど、今しかない貴重な時間を楽しみたい!

2016/05

東海道53次ウォーク 日本橋で写真を撮る

歴史好きなら、小説や浮世絵を見ながら一度は「東海道を歩いてみたいな~」と思うのではないでしょうか。

私もずっと思っていました。でも、ひとり旅はできても、なんとなく「ひとり東海道」ができなかった私。

でも、このプランを友達のKちゃんに話すと、「やろう!」と私より乗り気になってくれました。


IMG_5171


スタートの記念に、歌川広重の浮世絵のような「ザ・日本橋!」の写真を撮ってみましたが。。

ぼかし2

雨が降っているうえに、なぜがトラックが止まっていてよくわからない写真になっています。現実は理想のようにはいきませんね(笑)

ちなみに、「日本橋」の文字は、徳川最後の将軍、徳川慶喜公の書です^^ 縦書きのをばらして横書きに配置したのだとか。その話をKちゃんにすると「字が上手くて良かったね~^^」「そうだよね~^^」とゆるーく出発。


まずは日本橋から皇居まで行こうとしたのですが、この辺ごちゃごちゃしていて神田方面まで行ってしまい、ようやく京都の三条大橋までお世話になる、国道1号線へ。

桜田門

地図を見ると、桜田門から1号線が南にのびているのが分かります。

桜田門は、徳川将軍が外出するときに使われたとされる、大手門の次に格式の高い門、と聞いたことがあるので、それを体験できて一気にテンションがあがりました♪ よーし、私たちも桜田門から京に向けて出発だ~!

これから、週末(できるとき)ウォーキング、がんばるぞ~


つづく。。





人気ブログランキングへ

ソウルに行くと必ず立ち寄る場所は?

私は何度かソウルに行っているうちに、「宗廟(チョンミョ)」がそんな場所になりました。

2016-04-16-10-15-04

500年続いた朝鮮王朝歴代の王と王妃が眠る霊廟で、100mもある正殿は迫力があり、それでいて厳かな雰囲気が漂っている、ソウルに行ったら必ず訪れたい観光地。

なのですが、チョンミョのもうひとつの魅力は自然の豊かさにあります。

2016-04-16-10-04-44

ソウルの中心地であることを忘れそうな、でもちゃんと整備されている豊かな自然。

2016-04-16-10-58-54

季節の花がきれいに咲いていて、何度訪れても飽きることがありません。
ハイキングでもしているような気分に。

2016-04-16-10-55-47

9時から開いているので、午前中の人がほとんどいない時間に来てゆっくり散歩するのもいいし、1日のスケジュールが少しあいたら合間に来てのんびりするのもおすすめ。旅のスケジュールを練り直したり♪ ところどころにベンチがあるのでゆっくり休めます^^ 
ちなみに入園料は1000w(約100円)

ソウルの街は、お店も移り変わりが速いですが、こういったいつも変わらず出迎えてくれる場所も、なかなかいいですよね♪





人気ブログランキングへ
プロフィール

しず

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んだのをきっかけに歴女の道へ。

現代は鎖国してないから外国の友達を作ろう!と思い、韓国人の同い年の友達を作る。ソウルに遊びに行って住んでみたくなり短期留学。

帰ってきて韓国の家族経営の会社に就職するも1年ちょっとで退社。

方向性を見失いなんとなくブログを書き始める。

好きな音楽は「レキシ」。