明日は君とどこ行こう

40歳で妊娠・出産。分からないことばかりだけど、今しかない貴重な時間を楽しみたい!

2016年05月

東海道53次ウォーク 保土ヶ谷でレキシ発見!

東海道53次ウォークも、2日目を迎えました^^

横浜駅の『BAY QUARTER』で朝マックを食べ、東戸塚駅まで出発です♪

右にそごうが見えます。そして1号線に合流。


image


西へと歩みを進めて行くと、「西横浜」という初めてその名前を聞く駅がありました。

そして「西横浜」を過ぎると「保土ヶ谷」駅です。

「保土ヶ谷」駅を過ぎると、何やら歴史的建造物が見えます。

『保土ヶ谷宿本陣跡』です!! やっとレキシにたどり着きました!!(涙)

本陣は、東海道を行き来する際、お偉方が宿泊した建物です。

続けて、『旅籠屋(本金子屋)跡』です!

image

『保土ヶ谷』には本陣や脇本陣跡、そしてこの旅籠跡のように歴史的建造物がところどころ残っていて、やっと東海道ウォークをやっている実感を得られる素敵なところでした。

いままで何となく電車で通過していた駅ですが、このように歩いてみてレキシが残っているかどうかで、その土地の見方が変わってきます。

自分の中で、レキシを残しているかどうかを「レキ指数」という基準で見てみることにしました^^

保土ヶ谷のように「レキ指数」が高い土地がもっと増えてくれれば嬉しいです♪


さて、『保土ヶ谷』から『東戸塚』までは、ゆっくりと坂を上っていきます。


『東戸塚』の駅周辺にも、一里塚跡などのレキシが残されていました。

この辺は、マンションが立ち並ぶベッドタウン。

mannsyonn
こんな感じ~(イメージ画像より)



再開発で、計画的に住むために作られてきた街だそうです。整備されて、住みやすそうな街でした。

再開発したのに「レキ指数」高いってすごい!いい仕事してる^^


『東戸塚』駅に到着して、Kちゃんと電車に乗り茅ヶ崎のBBQへ行こうとしたのですが、なんと人身事故で1時間待ち。。ここまで歩いて来たのに、電車に乗れないとは。。



つづく。。♪




人気ブログランキングへ

東海道53次ウォーク ついに横浜到着~♪

鶴見を過ぎてしばらくすると、東神奈川の駅が見えてきます。

そして、ついに日本橋から30kmの標識が!! これは感動です。


image

この標識は、だいたい1号線の1km間隔に立っているのですが、たま~になくなって3kmのちに出現したりするので、Kちゃんとそれをつっこんで楽しむという役割も果たしています。(ゴールまでよろしく頼みます!)

そして、朝7時半に日本橋に集合し、横浜駅の『BAY QUARTER』に到着したのが夜の18時ごろ。


image


途中ご飯を食べたり、休憩したりして10時間半ほどで35kmを歩いてきました。

2月の青梅マラソンで、30kmを3時間半で走ったことを考えると、3倍の時間をかけて歩いてきたことになります。

正直、ウォーキングはなかなかゴール地点に辿りつきません!(笑) イコール、それだけ地球が大きく感じられます。昔の人たちにとっては、今より日本がとても広く感じたことでしょう。

逆を考えると、今、これだけ広いと感じている「世界」が将来あっという間に行き来できるように変わっているのかと想像すると楽しいですね^^

いつもの行動を少し変えるだけで、物の見方に幅が出てくるって面白いです♪

次回は、横浜のまた『BAY QUARTER』(のマック)から2日目を出発します~


つづく。。








人気ブログランキングへ

韓国のインディーズバンド事情

韓国のインディーズバンドが好きです^^

先月のソウルへの旅行は、5年ぶりに「THE KOXX(カックス)」というバンドのライブを見たくて計画を立てました。今回は、弘大(ホンデ)の「サンサンマダン」ライブホールでの公演でした。

image

5年前にソウルへ短期の語学留学へ行ったとき、韓国人のライブ仲間に誘ってもらい、テレビ番組の撮影で初めてライブを見て以来の大ファンです^^ 最近では日本のサマーソニックにも出演してました。

image

韓国にも、「peppertones(ペパトーンズ)」や「pia」「daybreak」などといった、かっこいいバンドがいくつか存在するのですが、なんせこの国で人気があるのはやっぱりアイドル。テレビでも、K‐popが流れることが多いです。バンドで食べていくのはかなり難しく、仕事とかけもちでバンド活動をしている方が多いようです。

ところでこの日のライブですが、盛り上がり方などは日本とあまり変わりませんでしたが、ひとつ違ったのが、みんなが熱心に写真や動画を撮影していることでした。

image

日本ではさすがにこのくらい有名なバンドになると撮影が禁止になるところですが、みんなベストショットを狙って写真を撮っています。私もめったに来れないライブなので、十数枚写真をカメラに収めました。

終わってから友達に「これっていいの~?」と聞いてみると、韓国ではファンに写真や動画をどんどんネットにあげてもらうことで、それを見た人がファンになることを狙って撮影を許可しているのだとか。

日本のように、バンド市場が大きくないので、売買に使われる心配もあまりないのかもしれません。

写真を沢山撮れるのはうれしいけど、もっと韓国のバンドが韓国のアイドルのように、日本や世界で人気になればいいな~(そしてもっと沢山日本にも来て~!)と思っています^^






人気ブログランキングへ

登山日記1 リピートしたい山、陣馬山


ラン仲間が登山に行くと言うので、学生時代ノリで富士山2回と高尾山ピクニック程度の私がくっついて登ってきました^^

これが予想以上に良かったので写真中心で紹介させていただきます♪

まず、中央線「高尾」駅から3駅目の「藤野」駅で下車、そこからバスで30分ほど登った「栃谷登山口」で降りて、ここから徒歩で山頂を目指していきます。バスは30分に1本ほどしかないので、乗り遅れに注意です。駅のトイレも結構混んでます。


バスから降り、しばらく登っていくと、東京近郊とは思えないこの景色!! テンションあがります。

image

「すごーい!」「山はまりそう~!」←早すぎ(笑)

image

白い藤の花を発見♪

image

山の中をずんずん登っていきます。だんだん傾斜が急になり、結構きつい感じに。でもこの辺りはまだ余裕あり。

image 

みんな速いので、ついて行くのに必死(笑) 傾斜が急で、心臓がばくばく言い始める。「待って~!!」

2

徒歩で登りはじめてから、1時間半ほどで山頂到着!!白い馬がお出迎え♪ 山頂からは曇って富士山見えなかったけど、途中にきれいに見えました^^

カップラーメンとおにぎりとラムネを飲んで、1時間ほど休憩。さあ、今度は反対側のルートから1時間かけて下山です。


image

下りも結構急です。「下りが苦手」という友達も苦戦してました。

私はそれより、お昼に食べすぎてお腹が痛くなってきました(笑) 山は気軽にトイレに行けないのが唯一の難点だ! 急いで下山。

image

やっと陣馬高原下バス停に到着! 各駅停車のバスで、今度はJR「高尾」駅まで♪ 40分くらい。

このあと、温泉などにゆっくりつかって東京へ帰るのもいいかもしれません。

今回のルート↓

FullSizeRender

普段東京であまり自然に触れられない生活を送っている方にとっては、たまに山に登ってじっぽり自然につかってみるのも非日常でおすすめです。東京の、トイレに気軽に行ける環境にも感謝できるし(笑)

高尾山の隣ということで、結構混んでるのは?と思ったけど、日曜なのにあまり登っている人もいなくて、穴場のようでした。またいつか、ぜひリピートしたいと思います^^





人気ブログランキングへ

東海道53次ウォーク 鶴見の「岸谷の湧水」

さて、前回桜田門から「京まで出発~!」と小雨の中スタートした私とKちゃん。
霞が関の官庁通りを抜けて、左手には東京タワー。ひたすら南へ歩いていきます。

山手線沿いに歩くわけではないので、人も少ないし、大学など新鮮な景色が広がります。
慶応、明治学院、そして戸越銀座を過ぎて、お昼にそばを食べ、また歩きます。

1日目は戸塚を目標にしていましたが、このあたりで横浜に変更です(笑)

そして、5時間ほど歩いて、ついに多摩川が見えてきました!

IMG_5082

hashi

結構疲れたので、ちょっとひと眠りしよう~と、河川敷で仮眠。次回はレジャーシートを持って来よう。

そして、横浜を目指して再び歩を進めましたが、ここまで、何かが足りません。そう、私たちがこの東海道53次をする目的、「レキシ」が足りません>< 東京の1号線には、もう「レキシ」はほとんど残っていないようです(探せばありそうです)。

しかし、鶴見周辺を歩いていたとき、突然不思議なものが目に入りました。

湧水
。。国道1号線に湧水です。自転車で汲みに来ているおじさんもいます。

何やら看板があります。

看板

ちょうど歩いた日が熊本地震の1週間後。「災害時に利用できるように残されてきた」の言葉に重みを感じます。

地震が来れば、水道施設がストップし、断水することもあります。今回熊本では、湧水があったおかげで断水中も水を使用できたところが多くあったようです。東京も何か考えなければ。。

もうほとんどのレキシは1号線からなくなっていましたが、逆にこの湧水が残されているというのは驚きです。それだけ必要とされて残ったんだな~。


さあ、あと5kmほどで横浜に着きます!

つづく。。





人気ブログランキングへ
プロフィール

しず

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んだのをきっかけに歴女の道へ。

現代は鎖国してないから外国の友達を作ろう!と思い、韓国人の同い年の友達を作る。ソウルに遊びに行って住んでみたくなり短期留学。

帰ってきて韓国の家族経営の会社に就職するも1年ちょっとで退社。

方向性を見失いなんとなくブログを書き始める。

好きな音楽は「レキシ」。